消費者金融のローンは母子家庭でも借りることは可能

母子家庭は何かとお金がかかることが多く、緊急の出費に悩まされる方は少なくないでしょう。そんなときに便利なのが消費者金融のキャッシングやカードローンで、母子家庭に対応したものが目立ちます。借入する前には借入条件を把握しておき、条件に該当するかチェックしておきます。

無理のない借入をすることが、借入後の返済を楽にするためのポイントです。

消費者金融で借入するための条件とは

母子家庭は消費者金融ローンを利用できないという規定はありません。消費者金融は審査において安定・継続的な収入があることを重視します。ここでの基準は年収の金額だけでなく、毎月ある程度の収入があることです。母子家庭は年収200万円未満の家庭が多いですが、毎月収入があれば審査に通過できるケースは少なくありません。

最近の消費者金融はパート・アルバイトなどの非正規雇用に対応したものが増えており、20歳以上で収入を得ていれば借入資格は有することになります。ただし権利収入全般に関しては安定収入とはみなされないので注意してください。

消費者金融は年収でいくらあれば融資可能か明記していることは少ないですが、150万円以上あれば借りられる可能性が高いと言われています。業者によっては年収で100万円くらいあれば融資してくれるところもあります。

母子家庭で消費者金融を利用する場合は、パートやアルバイト・主婦に対応したものがおすすめです。会社員や公務員などに限定融資するローンは低金利ですが、審査基準のハードルが高く設定されているのが普通です。なお融資条件における主婦とは無職の専業主婦ではなく、自身が働いて収入を得ている主婦という意味になります。

母子家庭が無理なくお金を借りるためには

消費者金融は商売として運営しているため、母子家庭だからと情けはかけてくれません。借りすぎて返済できなくなれば、頻繁に催促してくるようになります。ローンの返済が不能になる原因は簡単で、返済能力以上の借入をするためです。

30万円の返済能力の方が50万円を借りてしまえば、いずれ返済不能になるのは必然と言えます。消費者金融のローンは限度枠内で何度でも借入できるので、10万円の限度枠があるならば1万円ずつ10回に分けて借りることが可能です。

実際にキャッシングやカードローンを利用したことのある方ならわかりますが、1万円を返すのは大変ですが使うのはすぐなのです。1万円また1万円というように追加で借入をしてしまう方は注意してください。母子家庭がお金を借りるときは、総量規制について知っておくのが大前提となります。

消費者金融は他社借入も合算して年収の3分の1までしか融資してくれません。年収200万円で60万円を借りることはできても、100万円の借入は無理なのです。また借入可能な金額であっても、必要のない高額に設定するのは避けてください。

借りすぎると浪費に直結しやすいのがキャッシングなどの多目的ローンですし、借りた分のお金には利息をつけて返済しなくてはいけません。

母子家庭にとって安全な借入額とは

自分にとって安全な借入額は自身で返済シミュレーションをしないと見えてきませんが、母子家庭の場合は10万円以内は安全ラインと言われています。10万円の限度枠でやりくりすると決めておき、それ以上は追加融資を受けないようにします。

これを徹底しておけば債務超過に陥る可能性は非常に低く、安全に利用できるでしょう。注意したいのは長期返済を設定することで、例えば毎月1万円ずつ返済している状況は、給料が1万円減っているのと大差ないことです。

完済する前に再度借入が必要になることはありえますし、そうなればさらに毎月の負担は大きくなります。そもそも数十万円を一括完済する返済能力があれば、消費者金融から借りる必要はないはずです。10万円以内という安全ラインを推奨する理由は、誰もが無理なく完済できる金額であるためです。

返済不能になって弁護士に借金相談をする方の傾向を見ると、100万円以上の借入をしているケースが目立ちます。2~3万円借りて給料日に完済するような借り方なら、それ以上は借金を増やさなくて済みます。長期返済になることはないので、利息が膨れる心配はありません。

消費者金融のローンには実質年率が設定されていますが、正確には日数で利息が加算されていくのです。

おすすめの借入件数は1件

消費者金融からの借入件数は少ないほど安心なので、母子家庭で借入する方には1件をおすすめします。借金は借入件数に比例して膨らんでいく傾向があり、3件以上から借入している方は高額融資・長期返済の状況にあることが多いです。

たくさん借りるほど返済は逼迫しますので、計画返済をするためにも借入先は意識的に減らしてください。また借入件数が増えてくると新規のローン審査で不利になるため、できるだけ完済しておくのが好ましいです。借入件数が3件あれば他社借入が厳しいのは消費者金融ローンの常識と考えてください。

借入件数を増やさないためのコツは無駄使いをしないことです。衝動的に買い物をしたけど、後から考えたら無駄使いだったというケースはよくあります。借入件数を増やす理由はシンプルで、既存ローンで目的額の借入ができないためです。

つまり既存ローンは限度枠いっぱいまで借入している状況にあるはずです。借入件数を1件に抑えるためには、限度枠の満額まで使わない工夫が必要と言えます。

消費者金融の利用は結婚したらどうするべき?

母子家庭に対応している消費者金融は

消費者金融のシェアは大手が大部分を独占している状況にあります。大手は低金利かつ借入・返済方法が豊富に用意され、非常に使い勝手がよいのが特徴です。そのため消費者金融から借りようと思ったら、ほとんどの方がCM放映されるような大手に行きます。

大手は母子家庭にも対応しており、即日融資してくれる会社が少なくありません。パートやアルバイト・主婦に対応している場合、母子家庭もOKであることが多いです。希望額は少なく設定するほど、審査にパスできる確率が高くなります。

中小規模の消費者金融や街金融などは、大手よりも融資額は少なくなります。融資額の上限は50万円以内に設定していることが多く、2~3万円などの小額を今すぐに借りたいという状況でおすすめです。ただし金利は大手よりやや高くなり、18.0%~20.0%を上限金利にしているところが少なくありません。

大手の場合だと大抵は18.0%以下で借りることができます。