安全に消費者金融から借りるためにシュミレーションを

借金は自分のお金ではなく、すべて金融機関のものです。借りたお金はいつか完済する必要があるため、消費者金融から借入する方はシュミレーションを必ず行ってください。自身の返済能力を把握することが、ローンの利息を抑えることにもつながるのです。

健全に借入するためにも定期的にシミュレーションを行い、借りすぎを予防することが大事です。

適正な借入額を知るためにシュミレーションを

消費者金融の特徴として利用枠内で何度でも利用できることがあります。初回契約のときに高額利用枠で申し込んで審査にパスすれば、将来的に利用枠の満額まで使い切ってしまう可能性が高くなります。まだ借入できる状況では、人は購買意欲を掻き立てられてしまうのです。

消費者金融に申し込みするときに借りるだけ借りようと考える方は少なくありませんが、将来的に返済が逼迫する金額を借りるのは得策ではありません。申し込みする前にはシュミレーションを行っておき、適正な借入額を把握しておきましょう。

シュミレーションは消費者金融の公式サイトから行えることが多いです。毎月の返済額のほか総支払い利息でシュミレーションする方法がありますが、いずれの場合も焦点となるのは完済できるかどうかです。ローンは完済しない以上は返済が終わらないので、借入から完済までのシュミレーションしてください。

例えば100万円借りた場合だと完済が難しいけど、80万円ならどうにか返済できると判明した場合、希望額は80万円より少なく抑えるのが得策と言えます。収入の増減や収支バランスの変動により、返済能力は常に一定とは限りません。

そのため余裕を持った金額の借入をすることが大切なのです。

シュミレーションは継続的に行うことが大切

審査にパスして無事に借入できれば、今後のシュミレーションは不要と考える方は多いでしょう。しかしシュミレーションは基本的に毎月1回以上はする必要があります。家計の状況は毎月同じとは限らず、収支のバランスは変動するでしょう。

先月はお金に余裕があったけど、今月はカツカツといった状況はよくあります。シュミレーションをする上で重要なのは、長期的な計画を立てることです。例えば月の収入が30~50万円というように変動する場合、最も少ない30万円を基準にして計画を立てるのが得策です。

消費者金融は総量規制によって、借入上限は年収の3分の1以内になっています。それゆえ年収の3分の1まで借りても問題ないと考えてしまう方は多いですが、自身の返済能力を把握できるのは自分しかいません。年収が同額であっても浪費する方と節約志向の方とでは返済能力は大きく変わってきます。

シュミレーションで失敗しないためには、自身のお金の使い方も把握しておく必要があるわけです。原則として毎月1回のシュミレーションをして、それ以外では追加融資を受けたいときにも再度行っておきましょう。

毎月の返済額を少なくするのは得策?

リボルビング返済を選んだ場合、毎月の返済額を少なく抑えることができます。高額融資を受けていても毎月の返済額が少なければ、消費者金融は打出の小槌に思えてしまうかもしれません。しかし返済額を抑えると完済まで長期化するため、より多くの利息を支払うことになります。

消費者金融ローンの実質年率とは年利のことですが、利息は日割りで発生しています。借りた日数分だけ支払うので、長期借入をするのは得策とは言えません。例えば借入が同じ50万円の場合、1年間よりも半年で完済したほうが利息は少なくなります。

毎月の返済額を少なくする借入方法は、高額融資を受けたときに選択しがちです。つまり利息を抑えるためには、最初から高額融資を受けないことがポイントになります。次の給料日までに完済するように借入すれば、発生する利息は少ないです。

一括返済を意識して借りていれば、借りすぎに陥る心配はほとんどありません。現在の返済方法で利息が減らなくて困っている方は、毎月の返済額を増やしていくのが得策です。消費者金融は追加返済に対応しているので、約定返済額が3万円ならば1万円追加して4万円にするなど工夫しましょう。

追加融資を受ける前にシュミレーションが必要な理由

シュミレーションは自身の返済能力を把握するために行うものです。返済能力は借入総額によって変動し、何度も追加融資を受けていると返済能力を超えて借入してしまう可能性があります。例えば50万円なら問題なく返済できても、70万円になると厳しくなるかもしれません。

収支のバランスがマイナスになると、消費者金融への返済金を用意できなくなります。すると別の消費者金融に申し込んで、ローン返済資金を借入するという悪循環に陥りかねません。借金返済のために借金をする状況に陥ると、簡単には抜け出すことができないのです。

収支のバランスがマイナスの場合、それをプラスにするためには節約するか収入を増やすしかありません。限界まで節約している状態なら、転職したり副業を見つけたりして収入アップを狙うしかないわけです。追加融資を検討している方は、借りずに乗り切れないか考えることも必要でしょう。

借入を避けられない状況にあるなら、追加融資はいくらに設定するのかシュミレーションをして詰めていきます。借りたお金は自分のものではなく、他人のものだと認識することが大切です。

消費者金融の利用は結婚したらどうするべき?

シュミレーションをせずに借り続けるとどうなる?

リボルビング返済は月々の返済を少なく抑えられるので、消費者金融から借入しているという意識が薄れがちです。そのため頻繁に追加融資を受けて、借入総額が段階的に増えていくケースがよく見られます。返済日まで入金していれば催促される心配はありませんが、ふと利用明細を見たときに借金がほとんど減っていない場合は注意です。

毎月の返済を少なくするほど元金充当額は減ってしまい、利息の支払いのために借金をしているような状況になります。月々の返済は可能だけど、完済する見通しはまったく立たない状態に陥りやすいわけです。当然ながら利息を毎月コツコツと支払っても、元金をゼロにしなければ借金は終わりません。

完済までの計画が立たない時点で、ローン返済計画は破綻しているのです。消費者金融は限度枠内で繰り返し借りられるのがメリットですが、借りすぎに陥ってもすぐに気づけない傾向があります。返済計画を健全に立てるため、また借りすぎを防ぐためにも毎月のシュミレーションは欠かせません。

シュミレーションをせずに利用している方は、返済能力以上の借入をしてしまう可能性があるので注意してください。